日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 心筋梗塞が発症しやすくなる遺伝子を新たに特定

遺伝子治療ニュース

心筋梗塞が発症しやすくなる遺伝子を新たに特定


3月20日の日本経済新聞では、三重大の研究グループにより心筋梗塞が発症しやすくなる遺伝子が新たに特定されたと掲載しています。

心筋梗塞は生活習慣や環境のほか、遺伝的な要因が大きく関係しているとされる。山田教授らが見つけた心筋梗塞の発症を高める同様の遺伝子は6種類目となる。

日本経済新聞 2017年3月20日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議