日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 受精卵ゲノム編集への指針

遺伝子治療ニュース

受精卵ゲノム編集への指針


4月7日の読売新聞(夕刊)では、受精卵の遺伝子を修復する「ゲノム編集」について取り上げています。日本ではこれを禁止していますが、その指針を見直すとのことです。

ゲノム編集で遺伝子を改変した子どもを作る治療をめぐっては、米科学アカデミーが今年2月、条件付きで容認する報告書を発表。中国はすでに、病気の原因となる遺伝子を修復するなどの目的で、受精卵にゲノム編集を行う基礎研究の実施例が計3件報告されており、受精卵へのゲノム編集応用の是非が、国際的な議論となっている。

読売新聞(夕刊) 2017年4月7日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議