日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 遺伝情報共有で個別化医療の精度高まる

遺伝子治療ニュース

遺伝情報共有で個別化医療の精度高まる


2月27日の日本経済新聞では、全国6大学の附属病院が、がん患者一人ひとりの遺伝情報をもとに最適な治療法を探る「個別化医療」を2019年度にも始めることを掲載しています。

がんの治療は肺や胃といったがんができた臓器ごとに特定の薬を使うのが普通だが、がんの遺伝子が変化すると効かなくなる。遺伝子の変化の仕方によっては、別のがんに使う薬が効くようになる場合がある。ただ、遺伝子の変化を調べて効きやすい薬を選ぶには、知識や経験が必要だった。

(中略)

実際に各大学の経験やひらめきが治療につながった例がある。たとえば京大病院では十二指腸がんの遺伝子の変化を調べて肺がん薬の効果が高そうだと分かり、新たに投与してがんの進行を止めた患者がいるという。

今後は、こうしたノウハウをデータベースを通じて各大学が共有する。遺伝子の変化に関する情報を手掛かりに、他のがんの治療や海外で使う薬などが治療の候補になるかどうかを洗い出す。

日本経済新聞 2017年2月27日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議