日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > がん細胞の排除に関わる遺伝子の発見

遺伝子治療ニュース

がん細胞の排除に関わる遺伝子の発見


1月17日の日本経済新聞(夕刊)では、京都大の井垣達史教授らが、できた直後のがん細胞が周囲の正常な細胞によって排除される仕組みを解明したと伝えています。この成果は1月17日、英科学誌ネイチャーに掲載されました。

正常な細胞が持つ「Sas」という神経の成長に関わるたんぱく質を作る遺伝子を壊すと、がん細胞が排除されず、がんになった。その遺伝子を再び正常細胞に導入すると、がん細胞の増殖を抑えたり、細胞死を促したりしたため、その遺伝子ががん細胞の排除を担うことが判明した。

日本経済新聞(夕刊) 2017年1月17日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議