日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > ゲノム編集の新手法 狙った遺伝子を操作

遺伝子治療ニュース

ゲノム編集の新手法 狙った遺伝子を操作


8月5日の日経新聞では、神戸大学の西田敬二特命准教授や近藤昭彦教授らによって、狙った遺伝子を操作できる技術が開発されたことが掲載されています。

これからはこの技術はいろいろと進展があるはずです。

DNAを切断せずに済むため、想定外の遺伝子改変が起きたり、細胞が死んだりしにくく、効果が上がる。農産物の品種改良の効率化につながるほか、将来は先天的な難病の遺伝子治療に役立つとみている。米科学誌サイエンス(電子版)に5日発表する。

日本経済新聞 2016年8月5日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議