日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 肺がん薬「イレッサ」RNAで耐性抑える

遺伝子治療ニュース

肺がん薬「イレッサ」RNAで耐性抑える


3月20日の日本経済新聞では、肺がんの分子標的薬「イレッサ」に耐性になった肺がんに対してRNA(リボ核酸)を併用すると再び効果を示す可能性があることが見いだされたと掲載しています。

耐性になったがん細胞にイレッサを加え、さらにこの遺伝子に結合して働きを止めるRNAを併用したところ、再びがんの増殖を抑えるようになった。

日本経済新聞 2017年3月20日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議