トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 個別化医療の現実

遺伝子治療ニュース

個別化医療の現実


2月10日の日本経済新聞では、遺伝子を解析し、一人ひとりに合わせた「個別化医療」の現実について記事にしています。

海外でも盛んな個別化医療が日本にも根付いてきたようですが、費用を含めた課題も残っています。

この個別化医療は通常の抗がん剤では効果がない患者が対象だ。これまでに約140人を解析、8割の患者で聞く可能性がある薬を見つけた。安価で高速に解析できる装置が普及し、がんの研究は飛躍的に進んだ。

(中略)

しかし解析は保険適用されていないうえ、その結果が常に治療に結び付くわけではない。治療薬が国内では未承認で治験も実施されていない場合は、高額な自費診療になる。がんの原因となる遺伝子の変化は数多く見つかっているが、適した薬は少ない。

日本経済新聞 2017年2月10日の記事より


«
»