トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > がん免疫薬「キイトルーダ」

遺伝子治療ニュース

がん免疫薬「キイトルーダ」


2月9日の日本経済新聞では、がんに対する免疫薬に関する記事が掲載されています。

オプジーボも新薬「キイトルーダ」も画期的な免疫薬ではありますが、副作用が出る可能性がない訳ではなく、利用前の見極めは必要そうです。

抗がん剤は延命効果はあるが、完全に治ることはほとんどない。がん免疫薬は長期間がんを抑えるという。進行がんの患者に抗がん剤を使っても延命効果は長くて1年半ほどだが、がん免疫薬は効けば3年以上という例も珍しくない。

(中略)

しかし、効果がある患者は最大でも3割ほどだ。重い副作用が出ることもある。事前に効く患者を見極めることが欠かせない。

日本経済新聞 2017年2月9日の記事より


«
»