日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 女性に多い遺伝性のがん治療体制整備へ

遺伝子治療ニュース

女性に多い遺伝性のがん治療体制整備へ


昨年11月16日の読売新聞夕刊では、女性での発生率が高い遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)に必要な治療体制設備について取り上げています。

女性のがんで最も多い乳がん。このうち5~10%は、特定の遺伝子に変異があり、2分の1の確率で子に引き継がれる「遺伝性乳がん・卵巣がん」(HBOC)とされる。

(中略)

今後、遺伝カウンセリングなど最も診療体制が整った「基幹施設」、乳がんや卵巣がんの治療を行う「連携施設」、経過観察を担う「協力施設」の3類型を認定していく。

これにより、遺伝カウンセリングができない医療機関でHBOCが判明した場合、基幹施設に紹介する流れが明確になる。

読売新聞(夕刊) 2016年11月16日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議