日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 子供の「かん」の強さも遺伝子変異が原因の可能性

遺伝子治療ニュース

子供の「かん」の強さも遺伝子変異が原因の可能性


5月26日の日経新聞では、これまで成長痛と考えられて見過ごされている可能性が高かった症状が、遺伝子変異によるものである可能性があることを報じています。

急に泣いたり不機嫌になったりする、いわゆる「かん」の強い子どもは、遺伝性の遺伝子変異による病気が原因となっている可能性があることが判明し、秋田大や京都大などの研究チームが発表した。寒さや疲れなど少しの刺激で鈍い痛みを誘発し、症状が表れる。研究チームは、「小児四肢疼痛(とうつう)発作症」と命名した。研究成果をまとめた論文は26日、米電子版科学誌プロスワンに掲載される。

日本経済新聞 2016年5月26日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議