日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 遺伝子検査の精度を10倍以上に高めた試薬の開発

遺伝子治療ニュース

遺伝子検査の精度を10倍以上に高めた試薬の開発


3月25日、日経新聞により東洋紡が遺伝子検査の精度を従来の10倍以上に高めた試薬を開発したことが報じられました。これにより血液からがんを早期発見できる可能性が高まる他、iPSなど再生医療の研究にも役立つとみられています。

東洋紡は遺伝子検査の精度を従来の10倍以上に高めた試薬を開発した。血液からがんを早期発見できる可能性が高まる。iPS細胞など再生医療の研究にも役立つとみている。同社は微量な細胞から遺伝子を増幅する試薬では約1割の国内シェアを持つ。新製品をテコにシェアを2割に高め、利益率の高いヘルスケア事業を強化する。

日本経済新聞 2016年3月25日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議