トップページ

遺伝子治療とは?

遺伝子治療(いでんしちりょう)とは、異常な遺伝子を持っているため機能不全に陥っている細胞の欠陥を修復・修正することで病気を治療する手法である。代表的なものでは、治療用の遺伝子情報を組み込んだレトロウィルスを異常な遺伝子を持つ細胞内に浸入させる手法がとられているが、成功例は少なく、より画期的なDNA導入法が期待される。ベクターを注射、吸入、塗布などで患部組織に注入するか、患者自身の血球などを一度取り出し、体外でベクターを作用させてから、患者に戻す方法などがある。

遺伝子治療と各疾病

その他にも、ご自身の受けられる国内外の遺伝子治療や関連事項に関しまして疑問等をお持ちの場合には、ご相談に応じます。また医療関係者の方々からのご相談にも対応いたします。

遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議