日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > ゲノム編集に審査組織 受精卵の臨床応用歯止め

遺伝子治療ニュース

ゲノム編集に審査組織 受精卵の臨床応用歯止め


4月9日の読売新聞は、遺伝子をよく改変できる新技術「ゲノム編集」で受精卵の遺伝子を改変する基礎研究について研究の妥当性を審査する新組織を作ることを掲載しています。

日本遺伝子細胞治療学会など関連6学会が年内にも、合同で研究の妥当性を審査する新組織を作る。政府の調査会が基礎研究に限って容認したことに伴う国内初の動きで、内閣府がオブザーバー参加する。出産に向けた臨床応用に直結する研究への広がりに、歯止めをかけるのが狙いだ。

読売新聞 2017年4月9日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議