日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 高精度質量分析計で大腸がんの早期発見

遺伝子治療ニュース

高精度質量分析計で大腸がんの早期発見


3月29日の読売新聞(夕刊)では、島津製作所が開発した高精度の質量分析計を使い、早期大腸がんを9割以上の高い確率で発見できる検査方法が開発されたことを掲載しています。

早期の大腸がん患者300人に検査したところ、9割を超える精度で早期がんを確認できた。同時に血液中の「腫瘍マーカー」を使う従来の血液検査も実施したところ、発見率は1~2割にとどまったという。

読売新聞(夕刊) 2017年3月29日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議