日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 抗がん剤と超音波の二重攻撃による治療の臨床研究開始

遺伝子治療ニュース

抗がん剤と超音波の二重攻撃による治療の臨床研究開始


3月29日の読売新聞(夕刊)では、東京女子医科大学の研究チームが、抗がん剤と超音波の二重攻撃で難治性がんを死滅させることを目指す新しい治療法を開発したことを掲載しています。手術ができないすい臓がん患者を対象に、臨床研究が4月にも始まります。

病巣をピンポイントで攻撃できるため、正常細胞へのダメージを抑えることが期待される。動物実験では、通常の治療に比べて少ない抗がん剤でがんの成長を止める効果があり、重い副作用もないことを確認したという。

読売新聞(夕刊) 2017年3月29日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議