トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > がんの6割は遺伝子複製ミス

遺伝子治療ニュース

がんの6割は遺伝子複製ミス


3月24日の日本経済新聞では、多くのがんが細胞分裂の際に誰にでも起きる遺伝子の複製ミスが主な原因だとする研究結果を米ジョンズ・ホプキンズ大のチームによって米科学誌サイエンスに発表したことを掲載しています。

チームは、「複製ミスは、タイプミスと同じで一定の割合で必ず起きる。がんとの闘いに勝つには、予防だけでなく、早期発見が重要だ」と訴えている。

(中略)

全体ではがんを引き起こす遺伝子変異の66%は複製ミスが原因なのに対し、環境要因は29%、遺伝要因は5%であることが分かった。

日本経済新聞 2017年3月24日の記事より


«
»