日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 遺伝子検査ビジネスへの規制

遺伝子治療ニュース

遺伝子検査ビジネスへの規制


3月21日の読売新聞では、悪質な遺伝子検査業者を野放しにしないよう規制の検討が始まっていることを掲載しています。

遺伝子検査に携わる37社が加盟する「個人遺伝情報取扱協議会」の別所直哉理事長(ヤフー執行役員)は、「現状では社会的混乱などは起きておらず、新たな法規制は必要ない」と話し、業界としては自主規制で対応するとの考え方を示す。

(中略)

ターネットなどを通じて多数の顧客に安価なサービスを提供しにくくなるからだ。

(中略)

欧米では、遺伝子検査は医療の一環と考えられており、ビジネスは保健当局が厳しく規制している国が多い。

読売新聞 2017年3月21日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議