トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > がん免疫療法に初のガイドライン(指針)

遺伝子治療ニュース

がん免疫療法に初のガイドライン(指針)


2月22日の読売新聞では、今までの免疫療法と最近話題の免疫チェックポイント阻害薬の違いを解説するとともに、昨年末にはがん免疫療法初のガイドライン(指針)が発行されたことを掲載しています。

オプジーボは肺、腎臓などのがんで保険適用されているが、推奨量より少なく投与したり、他の薬と併用したりする治療を保険外で行う医療機関が出ている。これらの治療は効果があると証明されておらず、他の薬との併用は思わぬ副作用の心配もある。

(中略)

免疫チェックポイント阻害薬は開発中の薬が多く、臨床試験で効果が証明されて使えるがんも広がる見込み。

読売新聞 2017年2月22日の記事より


«
»