トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > iPS細胞移植ようやく再始動

遺伝子治療ニュース

iPS細胞移植ようやく再始動


2月19日の日本経済新聞では、他人のiPS細胞で加齢黄斑変性の本格的な臨床応用に向けて動き出したことを掲載しています。

今回の細胞移植は2例目で、iPS細胞を使った細胞移植が初めてされてから2年半経過しての再始動となりました。初回は患者自身の細胞からiPS細胞を作りましたが、2例目の今回は他人の細胞由来のiPS細胞を使います。

iPS細胞は最もリスクが高く審査が厳しい「1番」に指定され、臨床研究には国の専門部会の了承が必要になった。

(中略)

他人の細胞から作るiPS細胞なら、品質のよいものを選んで備蓄しておくことができる。治療までの期間は最短1カ月で、治療費も数百万円程度。患者自身の細胞の場合より期間も費用も10分の1以下になるという。

日本経済新聞 2017年2月19日の記事より


«
»