日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 膵がんを早期に発見するマーカー発見

遺伝子治療ニュース

膵がんを早期に発見するマーカー発見


2月5日の読売新聞では、早期発見の手法がなかった難治がんとされている膵がんを早期に発見するマーカーが見つかったことを掲載しています。

国立がん研究センターは、「apoA2」と呼ばれる血液中のたんぱく質が膵がんを早期に発見するためのマーカーになることを発見した。これを受けて同センターと、以前から膵がんの早期発見に取り組んできた日本対がん協会鹿児島県支部は、神戸大や横浜市大などと研究チームを結成した。このマーカーの有効性を確かめる大規模な臨床研究を、早ければ本年夏にも始める予定である。

日本経済新聞 2017年2月5日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議