トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 「がんゲノム医療」体制整備へ

遺伝子治療ニュース

「がんゲノム医療」体制整備へ


1月11日の日本経済新聞では、厚生労働省が「がんゲノム医療」実用化のための総合政略を今年夏をめどに策定することを掲載しています。

がんは、主に遺伝子の異変によって生じる。同じ臓器のがんでも、遺伝子の異変には様々なタイプがあり、抗がん剤の効き目は異なる。異変に合わせて抗がん剤を使い分ければ、副作用を減らして、効果的な治療ができると期待される。

日本経済新聞 2017年1月11日の記事より


«
»