日本語
English

トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 抗がん剤による医療財政圧迫の恐れ

遺伝子治療ニュース

抗がん剤による医療財政圧迫の恐れ


10月14日の日本経済新聞では、抗がん剤による医療財政圧迫問題についての記事が掲載されています。画期的な新薬の登場は喜ばしいことですが、高価なものが多いため医療財政を圧迫しつつあることも現実です。導入には財政面も含めて様々な検討が必要そうです。

新薬の普及で、多くの種類のがんで患者の生存率や生活の質が改善すると見込まれる。一方で医療費抑制のため、高価な新薬の導入に際してはあらかじめ効き目の有無を調べる技術の開発や、投薬期間を合理的に制限する取り決めの整備などが必要になりそうだ。

日本経済新聞 2016年10月14日の記事より


遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議
更新情報
遺伝子治療研究活動
遺伝子治療最新情報
APCGCT過去の学術会議