トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > がん患者への緩和ケア不備が明らかに

遺伝子治療ニュース

がん患者への緩和ケア不備が明らかに


10月13日の日本経済新聞では、がん患者に対する緩和ケアの不備に関する記事がけいさいされています。記事の中では、NHKも「がん診療連携拠点病院の7割近くで不十分」と報道しているとあり、大きな課題のひとつとなっています。

NHKは「患者の痛みを和らげる専門医を常駐させていない」などと伝えましたが、がん医療の中心となるべき拠点病院の緩和ケアに不備があることが浮き彫りになっただけに衝撃的でした。

医師や看護師の配置不足、名ばかりともいえるような緩和ケア外来、ほとんど見活動の緩和ケアチームなど、地域の実情は考慮するとしても、改善は待ったなしです。

日本経済新聞 2016年10月13日の記事より


«
»