トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 遺伝子治療による心不全の改善

遺伝子治療ニュース

遺伝子治療による心不全の改善


9月29日の日本経済新聞では、心臓の収縮力が弱る心不全を遺伝子治療で改善できることを動物実験で確認されたという記事が掲載されています。

ストレスを受けたときに心筋細胞から過剰に分泌されるたんぱく質を抑える遺伝子治療用のウイルスを投与することで心臓を保護する。5年以内の臨床試験を目指す。

研究グループは、老化や高血圧などのストレスを受けると、心臓の細胞から「ANGPTL2」と呼ぶたんぱく質が過剰に分泌され、心臓の収縮力が低下することを突き止めた。

日本経済新聞 2016年9月29日の記事より


«
»