トップ > 最新の遺伝子治療 > 遺伝子治療ニュース > 3人の遺伝子持つ子ども誕生

遺伝子治療ニュース

3人の遺伝子持つ子ども誕生


新たな体外受精の技術を使って3人の遺伝子を受け継ぐ赤ちゃんが生まれたと、米国の不妊治療クリニックのチームが9月27日の英科学誌「ニューサイエンティスト」に明らかにしました。日本でも話題になりました。

日本でも話題となり、読売新聞や日本経済新聞でも取り上げられています。

<2016年9月28日 読売新聞(夕刊)>

核を移植された卵子に含まれる小器官のミトコンドリアは別の女性の遺伝子を持っており、生まれた子は両親もあわせ3人の遺伝子を持つことになる。

核移植により3人の遺伝子を持つ子どもが生まれるのは世界で初めてとみられる。

読売新聞2016年9月28日(夕刊)の記事より

<2016年9月28日 日本経済新聞(夕刊)>

英科学誌ニュー・サイエンティストによると、米ニューヨークの不妊治療病院の医師らが遺伝的な難病の治療を目的に、3人の遺伝子を持つ子供を誕生させていたことが明らかになった。子供を誕生させることが目的ではない同様の研究計画は検討されていたが、実際に子供が生まれたのは初めてとみられる。

(中略)

同様の疾患を持つ親にとって朗報となる可能性がある。米生殖医学会のオーウェン・デービス会長は27日、「生殖医学にとって重要な進展だ」とする声明を発表した。

日本経済新聞2016年9月28日(夕刊)の記事より


«
»